抗がん剤と基本的な副作用|副作用は軽減可能!肺がん治療のための抗がん剤治療の重要ポイント

抗がん剤と基本的な副作用

医者と看護師

抗がん剤とは何か

抗がん剤とは、がん細胞を攻撃するためのお薬です。薬の効果によりがん細胞を破壊し、死滅させることで除去せずにがんの治療ができるようになるというものです。この方法を化学療法といい、手術と同じくがん治療の基本となっています。

副作用の問題

抗がん剤を使用するリスクの中で、最も大きいのが副作用です。抗がん剤は強力な薬である分、人体にも大きな影響を及ぼしやすく、治療後は様々な副作用が体に現れることが多いです。そもそも、なぜ抗がん剤を使用すると副作用が起きるのか。それは、抗がん剤によって攻撃を受けるのはがん細胞だけではなく、健康的な細胞もダメージを受けるからです。

主な副作用

抗がん剤による副作用で有名なのが、脱毛や味覚障害です。抗がん剤によって体中の毛が抜け落ちたり、味蕾を司る細胞が死んでしまったりといった副作用が発生します。これら症状は、細胞が回復すればまた以前の状態に戻るようになります。

抗がん剤も進歩しています

抗がん剤はテレビのドキュメンタリーなどでも副作用が取り上げられることから、非常に怖いものだと思われています。しかし、抗がん剤も進歩しており、副作用が軽減されたものも多く開発されています。そのため、副作用は昔に比べるとだいぶ抑えられているのです。