漢方薬で抗癌剤の副作用を軽減|副作用は軽減可能!肺がん治療のための抗がん剤治療の重要ポイント

副作用の改善に

抗がん剤による副作用は、殆どの場合予防することはできません。健康な細胞にも負担が生じるため、細胞が回復するしか治療方法がないからです。しかし、そんな細胞の回復を早める方法があります。それが、漢方薬です。

漢方薬で抗癌剤の副作用を軽減

診断

漢方薬の効果

漢方薬は、服用することによって体の調子を整え、健康にするためのお薬です。これは、がんだけではなく他の病気でも効果が期待できます。例えば、下痢気味の場合は胃腸の調子を整える漢方を服用することで下痢の症状を改善することができます。

東洋医学と西洋医学

漢方薬は、いわゆる東洋医学であり、抗がん剤は西洋医学にあたります。東洋医学と西洋医学は、治療に対する考え方が違い、改善方法が異なるのです。西洋医学は病気の元を直接攻撃して治すため、即効性はありますが体に大きな負担を与えます。対して、東洋医学は弱った体を回復させて病気を治すため、効果は遅いですが体に対する副作用がないのが特徴です。

弱った細胞を回復

つまり、漢方薬を摂取することで抗がん剤によってダメージを受けた細胞を回復させ、回復を早めることが出来るので、体の負担を軽減し、早期回復が期待できます。そのため、多くの病院ではがん治療後に漢方薬を処方し、服用させています。

薬膳料理

漢方薬は、お薬だけではなく、料理でも摂取できます。漢方薬とは、生薬と呼ばれる素材を組み合わせることで効果を発揮するお薬であり、料理に生薬を使用して材料を組み合わせることで、漢方薬の薬効も期待できるのです。