治療から症状まで肺がんの基礎的な事柄|副作用は軽減可能!肺がん治療のための抗がん剤治療の重要ポイント

治療から症状まで肺がんの基礎的な事柄

女性

肺がんの基本

肺がんとは、その名の通り肺に発生したがん細胞です。特徴としては、男性の発生率が非常に多いがんであり、がん細胞の増殖スピードも早いので転移しやすいという極めて危険ながんの1つです。そのため、早期発見早期治療が好ましいのですが、発見時には転移している可能性が高いです。

主な症状

肺がんの主な症状として、息切れや声の枯れ、胸痛、軽度の発熱など、風邪の初期症状に近いものが多いです。そのためか、風邪と勘違いして放置してしまう可能性も高く、その結果症状が進行していってしまいます。なかなか治りにくい風邪だなと感じた場合、病院で詳しく検査してもらったほうがよいです。

肺がんの原因

肺がんになる原因で、最も多いのがタバコです。タバコの成分を肺で吸い込むことにより、肺の環境が悪化し、細胞が異常をきたしやすくなってしまうのです。また、タバコを吸っていなくても、近くにタバコを吸っている人がいた場合、副流煙によって症状が発生することもあります。

治療方法

肺がんの治療方法は、基本的に従来のがん治療と同じく、手術による外科療法や、抗がん剤による化学療法などが主になります。外科療法の場合、がんの規模によっては広範囲に渡って切除しなければならない可能性もあります。

予防方法

肺がんの予防方法は、基本的には禁煙です。また、肺が悪くなるような環境に移動する場合、マスクを装着し、直に空気を吸わないようにするというのも重要になります。他にも、定期的に人間ドックで肺がんになっていないかどうかを確認するのも重要な手段です。