肺がん対策のために!抗癌剤の副作用と軽減するためのポイント

今はもう不治の病ではない?がんの今昔

がんをいまだに「かかったら死んでしまう」と考えている人が多いですが、それは誤りです。現在、医学の進歩により、胃がんや肺がんは早めに治療をすれば、後遺症もなく過ごせる病気へと変わっています。ここでは、そんながんについて見ていきましょう。

がんに関して知りたい方へ、おすすめ記事紹介

女性

治療から症状まで肺がんの基礎的な事柄

がんの中でも死亡率の高い肺がんですが、多くの場合タバコの吸いすぎで発生しています。しかし、他にも肺がんになる原因は多く、きちんとした対策や症状を把握しておくことが大事です。この記事では、そんな肺がんについて基本的なことを紹介しています。

READ MORE
医者と看護師

抗がん剤と基本的な副作用

抗がん剤はがん治療のために欠かせない治療方法の1つです。様々な副作用があることで敬遠されていますが、現在は医学の進歩により抗がん剤の副作用は少なくなっています。抗がん剤の基本的な情報について紹介しています。

READ MORE
診断

漢方薬で抗癌剤の副作用を軽減

抗がん剤治療の副作用による体調の不調を早期に回復させたい場合、有効だとされているのが漢方薬や薬膳料理です。漢方の薬効には体を内部から健康にする力があり、副作用に対する抵抗力を得られることができます。

READ MORE

がんは様々なところに出来る病気です

がんは、細胞のあるところならどこにでも発生し、肺や胃腸はもちろんのこと、口の中や体中の骨などいたるところにできます。ここでは、そんながんの中でも特に死亡率が高いものを5つほど紹介していきます。

部位別に見るがんの死亡率

no.1

肺がん

男性ががんで死亡する時、最も多いのが肺がんです。これは主にタバコの吸いすぎが原因で死亡することが多いほか、排ガスなどの吸引も原因だとされています。男性の方が多いのは、そういった環境に身をおいていることが多いからです。

no.2

胃がん

胃がんも同じく喫煙が影響しているといわれています。他にも、食生活の影響や、ピロリ菌の長期感染が原因だというケースもあります。ピロリ菌そのものは除菌薬によって除菌すればリスクを下げることができます。

no.3

大腸がん

現在増加しているのが大腸がんです。こちらは食生活が大きく影響しており、肉食中心の食生活になることで大腸がんのリスクは上がりやすくなるといわれています。特徴としては、下痢と便秘が交互に続くケースが有名です。

no.4

肝臓がん

がんの中でも初期症状がわかりにくく、自覚症状が現れる頃には症状が進行しているというケースが非常に多いです。よって、定期的な検査が非常に重要であり、注意深く検査する必要があります。

no.5

膵臓がん

高齢の男性が良く発症するがんとして知られています。こちらも肝臓がんと同じく自覚症状が少ないがんであり、定期的に検査しなければ初期段階で発見できる可能性は低いです。

がんは早めの対策で治療が可能?

病院と男女

そもそもがんとは何か

本来の細胞は規則的に増殖するのですが、何らかの理由で異常をきたした細胞は、無規則に無限に分裂・増殖してしまいます。そして増殖した細胞は腫瘍を作ってしまいます。これが、がんです。つまり、細胞のあるところならばがんはどこにでも発生してしまうのです。

腫瘍が原因で起きる症状

体に腫瘍ができただけでも、体には大きな負担となります。まず、傷ついた細胞は無限に増殖するため際限なく体の栄養を消費してしまいます。他にも、腫瘍が他の臓器を圧迫し、生命維持の活動に支障をきたす場合もあります。これらは倦怠感や腹痛、下痢、など、様々な自覚症状となって現れ、放置し続けた場合死に至ります。

医学の進歩

以前は一度なったらどうしようもない病気として知られていたがんですが、現在は医学の進歩により早期発見早期治療がしやすくなり、がんになっても簡単な手術で回復することが出来るようになりました。以前は副作用の多い薬と言われていた抗がん剤も、今や副作用が軽減されたものや、回復のための方法が確立しつつあります。

予防方法も多い

がんは恐ろしい病気です。しかし、その分多くの医療機関で研究された結果、予防法も多く見つかりました。がん予防の効果が期待できる食事や健康のための過ごし方など、予防方法は探せば多く見つかります。

一番の予防は定期検査

がんの予防法すべてを毎日こなしていたとしても、がんになるリスクは0になるわけではありません。よって、定期的なガン検査を行なうことで、限りなくリスクを0にしましょう。現在では検査方法も発展しており、初期段階のがんも見つけやすくなっています。